ハチの退治はプロにお任せするのが安心|適切な処置を取ってくれる

住宅劣化の要因

屋根裏

日本の住宅問題で必ず名前が挙がるシロアリは、最悪のケースになると建物倒壊の危険性をもたらします。その為、ヤマトシロアリを始めにシロアリの存在を住宅内で見掛けるようになったら即座に対策を取りましょう。ヤマトシロアリの繁殖率はとても高いので、あっという間にその数を増やしてしまうでしょう。ヤマトシロアリは名前通り体全体が白く、畳の上や白い壁を歩いていても見えにくいので少し厄介なものです。そんなヤマトシロアリの巣には約数千から数万の仲間が生息しています。

ヤマトシロアリの仲間には羽が付いている羽アリもいるので外から住宅内へ侵入しやすいでしょう。湿気を好む性質なので、住宅の柱が湿っている状態であれば2階以上へも行き渡り、屋根裏に巣を作る可能性もあります。他のアリと比較してもヤマトシロアリは臆病な性格をしているので、人目につくとすぐ逃げ出してしまいます。そうすると駆除の必要性はないのかと思われがちですが、先に伝えたようにヤマトシロアリは湿気を好む生き物です。住宅内に潜んでいるということは住宅内のどこかしらにカビが多く発生しているということに繋がります。湿気やカビは木造の腐朽を進行させてしまうので、その箇所を突き止めて湿気問題を改善する必要があります。湿気の存在を知らせる存在だと考えるとヤマトシロアリはありがたいものですが、大量発生した際にはやはり駆除を依頼し、住宅劣化の危険性をなくすべきだと言えます。